賛同者メッセージ

Ten Stepsへの賛同に添えられたメッセージをいくつかご紹介します。

  • 私は運良くこの10ヶ条の保証された産院にお世話になれました。そこで教わったことは知らないことも多く、よそでは聞けない話や対応だったとあとあと知りました。母乳育児希望のお母さんが少しでも多く整った環境に巡り会えますように。
  • 1人目は母子別室で混合育児からのスタートでとても苦労しました。2人目は産後すぐに母子同室、2人目ということももちろんありますが、母乳育児も順調です。10カ条の病院がどんどん増えるとハッピーなママと赤ちゃんも増えるのではないかな、と思います。
  • 日本中の産科医、小児科医、助産師、看護師、赤ちゃんを迎える両親、家族、政府関係者、企業はじめ多くの方に知ってもらい、希望を持ってほしいです。WHO/ユニセフ「母乳育児成功のための10ヶ条(Ten Steps)」の実践は最もお金のかからない健康政策だと思います。赤ちゃんの健康とお母さんの健康両面で。
  • Ten Stepsは、お母さんがすることではなく、支援者にして欲しいこと。Ten Stepsを理解し実行できる支援者をもっと増やしましょう!(涌谷桐子)
  • WHO-codeと共に日本の社会情勢に即した母乳育児支援を勧めることに賛成します。(東田太郎)
  • 1日も早く、10ステップの内容が、普通に実践される社会になりますように心から願っています。
  • 産後直ぐの辛いときに、適切な対応がとられれば育児に心穏やかに対応出来るのではないかと思います。
  • すべての赤ちゃんには健康に育つ権利があります。その最初のスタートがTen Stepsに基づく支援です。出産施設でお母さんと赤ちゃんにかかわる周産期医療者には、Ten Stepsに添った支援を学び、提供する責任があります。
  • 10Stepsが当たり前になれば、もっとハッピーな産後を送れるお母さんと赤ちゃんが増えるはず!まずは知ってほしい。