世界母乳育児週間 キャンペーン

世界母乳育児週間2019キャンペーン

2019年8月1日(木)~7日(水)は、世界母乳育児週間です。

一斉に、Ten Stepsについて広報するキャンペーンにご参加ください!

キャンペーンに参加する方法はカンタン!

世界母乳育児週間の期間中に、TEN STEPSプロジェクトのページを、どこかで紹介するだけです。

ご紹介いただく例:

    • ご自身のブログやHPで紹介(リンクについて詳しくはこちら
    • SNSでシェア(#広がれTenSteps をつけて投稿ください)
           facebook twitter Instagram
      *期間中は、Ten Stepsについての情報を毎日SNSで投稿しています。そのシェアやいいねも大歓迎です。

    • プロジェクトのチラシを配布
    • Ten Stepsのポスターを掲示する
    • メディアに情報提供
    • 職場や友人・知人・家族に情報提供 など

また、このプロジェクトをご紹介いただく以外に

    • WHO/ユニセフのTen Stepsそのものについて、期間中に発信
    • WHO/ユニセフのTen Stepsをメディアが取り上げるよう働きかける

といったことでの参加も、大歓迎です。

★プロジェクトやTen Stepsについて発信されましたら、参加報告ページのコメント欄で、その様子を、ぜひお聞かせ下さい。

キャンペーンの狙い

  • これまでにない規模でTen Steps の周知が進む
  • Ten Stepsの賛同者がたくさんいることをアピールできる
  • お母さんと赤ちゃんのおっぱいライフを応援する団体・施設・個人などの一覧を、お母さんに提供できる

~どこで出産してもTen Stepsに沿ったケアが受けられる社会のために~

世界母乳育児週間って?

毎年8月1日~7日。赤ちゃんを母乳で育てやすい社会になるように、母乳についての関心を呼び起こすための一週間です

1990年8月1日、ユニセフ(国連児童基金)とWHO(世界保健機関)は、世界30ヵ国の政府と複数の国際団体と共同で、母乳育児の保護・推進・支援の必要性を「イノチェンティ宣言」として発表しました。

この日を記念して、世界母乳の日(8月1日)が制定され、8月1日~7日を世界母乳育児週間として、1992年より毎年、世界母乳育児行動連盟(WABA)*が中心となって、世界中で様々な取り組みが行われています。

日本でも、1992年8月1日~2日、「世界母乳の日」制定を記念して、「母乳をすすめるための産科医と小児科医との集い」が開催されました。(第3回以降現在まで日本母乳の会主催「母乳育児シンポジウム」として継続中)

みんなで外で授乳するナース・アウトなど、赤ちゃんを養い育てる女性たちの素晴らしさを祝いつながるためのイベントも、各地で開かれています。

世界保健総会(WHA)は、この世界母乳育児週間を、母乳育児について伝える貴重な機会として活用するよう、参加国に促しています。

*WABA:母乳育児は子どもとお母さんの権利であると考え、この権利の保護・推進・支援のために活動する組織の世界的なネットワークです。